プレスリリース

このページを印刷する

<報道資料>

SPE Logo

2020年10月29日
株式会社ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

~地球に優しい社会環境を目指し、サステナビリティの取り組みを強化~
美しい湖水地方を舞台に人間と動物との共存を描いた映画
『ピーターラビット2/バーナバスの誘惑』のポスター、チラシに
エコロジー用紙の「FSC®認証紙」を使用

イギリスで最も美しいと称えられる湖水地方を舞台に、世界で一番愛されているウサギを主人公にした、ビアトリクス・ポター原作の絵本「ピーターラビット」。シリーズ累計発行部数全世界2億5000万部を超え、2018年に初めてハリウッドで実写映画化されると全世界興行収入が約386億円を超える大ヒットとなりました。その続編となる映画『ピーターラビット2/バーナバスの誘惑』が2021年2月5日(金)に公開決定、あわせてポスターも先日解禁しました。

『ピーターラビット2/バーナバスの誘惑』

 

このポスターにはFSC認証紙が使用され、その証である緑色のFSCマークが掲載されています(ライセンス番号FSC®N003390)。FSC認証紙とは 世界の森林の保全と持続可能な利用を実現するために、責任ある管理をされた森林や、林産物の責任ある調達に対して与えられるFSCの認証を受けたエコロジー用紙のこと。
※FSC(Forest Stewardship Council®、森林管理協議会)とは責任ある森林管理を世界に普及させることを目的に設立された国際的な非営利団体。

2017年に世界遺産に登録された、ビアトリクス・ポターが 自分の全資産を投じて守り抜こうとした湖水地方の緑豊かで美しい大自然の中で人間と動物たちが共に生きていく――この作品メッセージを受け、本作から<地球環境を考えたサステナビリティ(持続可能性)の活動>に本格的に取り組むべく、ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント映画部門としては初めてポスター、チラシにFSC認証紙を使用。今後配給する映画すべてにFSC認証紙を使用する予定です。

「先日、米国Wall Street Journal紙の“The Most Sustainably Managed Company in the World(持続可能な経営を行っている企業)”ランキングにおいてソニーが第一位に選ばれました。ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントも今回のFSC認証紙の使用をはじめ、今後も持続可能な社会をつくる活動に貢献していきたいと考えます。」(映画部門日本代表/仲澤直美)

2021年2月5日公開

<配給・宣伝>ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント 映画マーケティング部
<電波・紙パブリシティ>ドロップ 
<オンラインパブリシティ>佐々木紀子