プレスリリース

このページを印刷する

【ニュースリリース】

SPE Logo

2020年5月14日
株式会社ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

アメリカABCテレビで“Who Wants To Be A Millionaire” が復活
個人視聴率1位を獲得

アメリカ版初、著名人回答者による獲得賞金を
全額コロナウィルス対応の医療従事者へのチャリティーに

(日本タイトル「クイズ$ミリオネア」 フォーマット権利元:ソニー・ピクチャーズ テレビジョン)
クイズ・ミリオネア

  © 2020 Sony Pictures Entertainment. All Rights Reserved. 

 アメリカ4大ネットワークの一つであるABCテレビにて、“Who Wants To Be A Millionaire” (日本タイトル「クイズ$ミリオネア」)が、今年4月から復活し放送され、先週(5月7日放送回)において4大ネットワークのプライムタイム時間帯の全番組中1位※となる高視聴率を獲得しました。アメリカでは、2019年5月に一旦放送終了となっていましたが、ABCが司会をアメリカの人気司会者・コメディアンのジミー・キンメルに変えて放送が再開されました。  ※(LSD/0.88%、18‐49才)Nielsen調査 
 通常、アメリカ版では一般人が回答者となりますが、コロナウィルスの感染予防の観点から、アメリカ版としては初めて、女優のジェーン・フォンダをはじめとするセレブリティーやタレントなどの著名人が回答者として登場。彼らが得た賞金は、今回のコロナウィルス対応に従事する医療関係者に全て寄付するという、今までにない番組形式を作り、視聴率を押し上げる結果となりました。 
 さらに、ソニー・ピクチャーズ テレビジョンは、2001年イギリスの同番組“Who Wants To Be A Millionaire”で全問正解した解答者が不正行為を行っていたことが発覚し、逮捕されるという実際の事件をドラマ化した「QUIZ(原題)」(イギリスITV/アメリカAMCにて放送)を2020年5月に行われる、ソニー・ピクチャーズ テレビジョン製作の新作TV ドラマプレゼンテーション・イベント「LA スクリーニング」で紹介します(今年はオンラインでの配信を予定)。 

Who Wants To Be A Millionaire (日本版タイトル「クイズ$ミリオネア」)について: 
1998 年イギリスITV で放送開始され現在も続いています。翌年1999 年からアメリカABC でも放送開始し、2000 年からは日本でも、フジテレビにてみのもんた司会で「クイズ$ミリオネア」として放送されました(2013 年終了)。これまで世界40 か国以上の地域でフォーマットテレビ番組化され大ヒット。現在でもイギリス、アメリカほか全世界 10 か国以上でフォーマット化された番組として放送中です。フォーマット権利はソニー・ピクチャーズ テレビジョンが販売しています。 

新作テレビドラマ「QUIZ(原題)」について: 
イギリスITV/アメリカAMC にて放送。1 時間ドラマ、全3 話。2001 年に実際に起きた“Who Wants To Be A Millionaire”での不正回答事件を元に制作されたサスペンスドラマ。日本では、5 月中旬以降ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントより発表予定。 

”Quiz"

© 2020 Sony Pictures Entertainment. All Rights Reserved. 

株式会社ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント 
ディストリビューション 部門